ええっ!大丈夫かな、嗜好用大麻の販売解禁 カルフォルニア

//ええっ!大丈夫かな、嗜好用大麻の販売解禁 カルフォルニア

ええっ!大丈夫かな、嗜好用大麻の販売解禁 カルフォルニア

カルフォルニア州で新法施行…州内で7月1日、数々の新しい州法が施行された。2016年11月の住民投票承認を経て今年、嗜好用大麻の販売が解禁されたが、新法では、大腸菌やサルモネラ菌が大麻に混入していない事を検査で証明するよう、販売側に義務付けられる。

大麻の有効成分成分(カンナビロイド)が不用意に働くと神経回路を破綻させ大麻の吸引が幻覚作用を引き起こし、認知機能に障害を生じさせ、脳に悪影響を与えることも科学的に証明されている。一方、脳損傷、認知症の機能回復にも応用できる期待もある。神経経路は高齢者の脳機能の健全性に密接な関係もあり、脳の内在性カンナビノイドの刺激が脳の活性化を促すとも研究者は述べている。いずれにしても医師の厳格な処方を無視し、簡単に手に入ると、どんな事故に遭うかもしれない。いくら嗜好用と云っても賛成は出来ないと思う。人間の欲望は限度を知らず、やがて廃人になる事も知っておこう。米国に来てフバーを頼んだがやはりマリファナや大麻経験者だった。みんなやっているよ、学生も、そんな答えが返ってきた。

外国人が増えた日本に政府は簡単に了としてはならない。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page
2018-07-17T19:17:17+00:00 7月 17th, 2018|