フェースブック友達申請と「いいね」に要注意、詐欺が身近な所に

//フェースブック友達申請と「いいね」に要注意、詐欺が身近な所に

フェースブック友達申請と「いいね」に要注意、詐欺が身近な所に

ロスの友人、数人もFB友達申請と「いいね」で詐欺寸前に難を逃れ、筆者の所にも怪しい友達申請が入ってきました。Googleを装うフィッシング詐欺、実在しない先物取引,amazonnJAPANを語った詐欺、保険金詐欺、法務省をかたる詐欺、宝くじ大当たり…あなたは当選者に選ばれた等々、今は数えたら切りがない程、ネット知能犯が増えています。FBのメッセージで友人になりすまし、パスワードを変更して盗むインターネット犯罪が世界中に蔓延てしています。身近な所にも・・・・筆者の場合は、ロンドンからの友達申請(日本人になりすましていた)。いくつもの住まいと確かな日本人の本人画像を送ってきて信用させる。普段は知っている方しか承認しないのですが、以下送られてきた文面では・・・・

こんにちは 、

私の要求を受け入れてくれてありがとう。
私はあなたのプロフィールを見つけました。私はあなたのプロフィールを見て、精神が私を押して私に連絡して私が長い間乳がんと喉のがんに苦しんでいるのを助けてくれました。私の条件は非常に危険です。私は仕事や仕事ができないことは明らかです私の医師によれば、ストレスの多いことは、私が次の2ヶ月間生きていないかもしれないと言いました。これは、がんの病期が非常に悪い段階にあるためです。私は母性のない赤ちゃんの家から育てられ、20歳の時に夫と結婚しました。子供がいなくて、年を取る前に致命的な自動車事故で死亡した11年前から国際財産管理代理人である夫2013年には真のクリスチャンでした。

彼の死以来、私は再結婚しないことにしました。私はすべての私物を売って、830万ドル(私の非居住者口座には8,000万ドル、300万ドルの合計金額を預けました。そして、銀行が私に言ったのは、手紙の中で私の許可を受けた人に技術的に解放され、私の許可を得て、技術的に世界中のどこの銀行の口座にも移転することができるのです。現在、ロンドンの病院でラップトップを使用しています治療を受けている私は話す能力を失っていて、私の医者は2ヶ月しか生きていないと私に言った。

この資金の少なくとも60%を慈善団体に投資/寄付することを最後に願いたい貧しい家庭、母親がいない赤ちゃんの家など、あなたが選んだのは、私がこの世に生きるのに2ヶ月以上はないので、自分を助けるのに40%を使うことができます。私が求めているのは、親切で賢い人です。私の最後を実行する私が祈った前に私は祈ってくれました。私の霊は私にあなたにこのメールを送る確信を与えました。あなたの返事を受け取るとすぐに、私はあなたに、この問題に関してどのように連絡をとるかについての指示を銀行に連絡します。あなたにこのファンドの元の受益者であることを証明する権限の手紙も発行します。あなたは私のメールアドレスで私に連絡することができ、主が私の羊飼いなので、いつも私のために祈って欲しい。

私の幸福は、私が価値のあるキリスト教徒の人生を生きたことです。寄付金の60%をチャリティー団体の寄付に使うように努力してください。しかし、私は心から、この自由の心と神からの完全性の人としてこの取引にあなたの信頼を求めています。あなたがこの問題を支援し、助けに興味があれば、私の手紙、あなたが私の義務を果たすのを手伝ってくれるからです。お返事を待って 2018年8月5日(日) 12:16

こんな文章が送られてきました。よく読むと日本語の文章がおかしい、そこでその事を指摘すると答えはロンドンに生まれ日本語が余りできない、と言う返事だった。ところが妹も癌で助けてもらいたいと。更に答えを引き出そうと質問すると、スレッド返信出来ませんと書かれてあった。

又ロスの友人も日系三世で日本語の読み書きも出来ないのに、日本語で相続人の手続きの重要書類と書かれた手紙を受け取り、遠縁の方が亡くなり親族も居なく、その方があなたに相続をしてもらいたいと管財人に連絡をしてきたのでサインをもらいたい、又詳しい事を知りたいので個人情報を書類に書き込んで下さい、等々。

詐欺グループの送信者は未亡人を語ったり、現在最悪な人生や結婚生活を送っている、障害を持って寂しい人生を送っている、癌の末期、不幸のオンパレードを語り、相手からその反応をしっかり確認する。彼らの目的は相手の信頼を得てから、だんだんエスカレートし、金銭を要求してくるのが殆どです。

もう一人の友人はFBでお友達になり、困っているから助けたいとお金を送ってしまった。送金した途端にその相手が行方不明となっていた。詐欺グループは第三者の為アカウントを作成し「いいね」した既存のFBアカウントやページに不正アクセスをするそうで、彼らは為アカウントや乗っ取ったアカウントを使い、個人情報を聞き出し、お金を払わせようとする。蒔き餌を用意して多くの「いいね」のシエアーを作ってハンターから友達申請を受け取りダイレクトメール(DM)を送り届ける。詐欺ネットワークの荒稼ぎは世界を股にかけている。

むやみに「いいね」や友達申請をすると大きな被害に遭う事も視野に入れておきたい。お金を送ってしまった友人は深いため息・・・・友達になった友人を助けたい、その気持ちが詐欺ネットワークに利用されたことについて、これから用心しなさい、と教えてくれた授業料だと思いたい、と静かに話してくれたのが印象的だった。少額ではなかったようです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page
2018-08-07T01:46:50+00:00 8月 7th, 2018|