日本に帰れない、帰らない、部屋探し

//日本に帰れない、帰らない、部屋探し

日本に帰れない、帰らない、部屋探し

米国に滞在していると様々な事に気付かされる。滞在先の主は不動産事業を堅実に行ない、日本から来た人達に無料で部屋探しの相談を行っていた。理由を聞くと、知らない土地で契約違反の業者に騙され部屋を出る際には高額の支払い請求をされる。同じ日本人として黙っていられない、少しでも同国の友のお役に立てるならばと、貸主との交渉と契約を行っていた。多くの留学生や社会人も部屋探しに困窮している。しかしその大半以上が米国に来て日本に帰れない、帰りたくない、離婚組も多数と聞き驚きだ。シングルマザーとシングルファザー、帰国しても仕事がない、日本になじめない、子供の教育を米国で、様々な理由があるようだがカリフォルニアは税金と物価も高く、生活するのにも覚悟がいる。そこで安い部屋(ホームステイ先の相部屋)と学校や職場が近い場所を希望する。貸主側も子供達が成人し家を離れる。貸主側とマッチングすれば暫くの間は安泰だが、その先が険しい道のりが待っている常に子供達が経済的理由の為に犠牲になる事が多い。この現実は本当に深刻な問題となっている。アメリカは日本と違い人種の坩堝の中で精神的にも強くなければ生きてはいけない事を肝に銘じたい。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page
2018-07-12T20:11:20+00:00 7月 12th, 2018|