会員の活動報告

/会員の活動報告

一時預かり保育について

2018-07-23T13:36:43+00:00 7月 23rd, 2018|

「函南町立幼稚園では、在園されているお子さんを対象に、保護者の子育て支援を目的とした「預かり保育」を実施しています」(町HPより)

我が町もついに全幼稚園の「預かり保育」が始まった。

「一時預かり保育」の実施時間は通常保育時間終了後~16時30分までであるが、全園すでに定員となっている。その他7時30分~17時15分までの「年間預かり保育と長期休業中預かり保育」がある。その中に町のHPで出している下記の項目が目に止まった

○ 一時預かり保育 … 町内幼稚園に在園し、以下①~③により保育が必要な園児

 ① 兄姉の学校行事 ② 保護者や家族の通院、看護 ③ 保護者や家族の就労

②③はまだしも、①は授業参観のため預けるとのことだ。それを、町側も第1の項目に挙げているとはなんと情けない・・・と感じるのは私だけであろうか。従来は、下の子も授業参観に連れて行き一緒に参観をしながら学校の様子を小さいながらも自ずと感じ、それと同時に参観する際のマナーを体得する場でもあった。その貴重な体験の場が失われてしまっているのである。

親の態度もしかりだ。授業を参観せず、廊下でしゃべっている。下の子が廊下で遊んでいても注意をしない。それとは反対に、我が子の隣につきっきりで授業を見ている。こんな状態である。

確かに幼児をつれての参観は大変かもしれない、が、ルールやマナーを教えるにはうってつけの場でもあり、親と子が同時に育つ場でもあるのだ。

そういった絶好の機会を「子育て支援」と称して、町も取り上げてしまっているのだ。

 

7月の親学研究会の資料の中の高橋史郎先生の記事を紹介したい

「・・・(中略)。少子化対策としての従来の子育て支援策は、働く女性の子育て負担を保育サービスの量的拡大によって軽減することが主目的になり、親としての成長、発達を支援する「親育ち」支援という視点が欠落していた。親は子育てを通して親として成長する存在であるから、親子がきちんと向き合う環境を整備し保証する子育て支援が必要である・・・」

「日本を取り戻す教育!」家庭教育の本来の姿を真から見直さなければならないと痛感する。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

親学研究会へ参加してきました

2018-07-23T13:40:54+00:00 7月 23rd, 2018|

7月9日に東京で開催された一般社団法人親学推進協会主催「親が変れば 子も変わる」「親学研究会」

に参加してきました(親学アドバイイザーの資格を有する)。

私も8年前に親学アドバイザーの資格を取り、近隣町市で入学・入園説明会などで「親学」の話をさせ

て頂いている。今回は3度目の研究会への参加である。

 

第1部 テーマ:「親学をめぐる最新動向と課題」

講 師:高橋史郎先生(麗澤大学大学院特任教授 親学推進協会会長)

(内容)少子化対策としての「親になるための学び」・・・少子化克服戦略会議・男女共同参画における議論、

家庭教育支援法・条例制定の同行などを中心に、多数の資料を元での講義。

●「共感脳」「道徳脳」の研究で明らかになったことまた、埼玉県発達障害支援プロジェクトなど最新の

情報が得られ大変有意義な講義であった。

 

第2部 テーマ:「ほめ方・叱り方の基本と愛メッセージの伝え方」

講 師:奥山美奈先生(TNサクセスコーチング㈱代表取締役 親学推進協会評議員)

(内容)~自分と子ども、一緒に育てる共感時代へ~スライドを見ながらの講義。二人組で親と子になり

褒め方や叱りかたを体験的に学習。

●先生の子育て(アスペルガーの子を育てる)を通し、様々な体験談や子どもに対しての具体的な言葉の

かけ方を学ぶことができた。

 

講義の最後に高橋史郎先生から、「親学推進協会も来年で10年を迎える。「親学」設立の原点に帰り、

新たな展開を視野にいれ活動していく」旨を話された。

「親となるための学習」と「親としての学習」。子どもと親の「発達を保証」し、親子が「共に育つ」

事を目指す。私も親学アドバイザーとしてできる限りの活動をしていきたい。

http://oyagaku.org/ 親学のHPに一度アクセスしてみてください。

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

一般社団法人「宇宙と星流」発足

2018-07-05T17:50:07+00:00 7月 5th, 2018|

公益財団法人 国際文化交友会(月光天文台)を後方支援する為に第一回、一般社団法人「宇宙と星流」の発足の経緯を、古家代表理事から皆様への真摯にお伝え頂きました。
月光天文台の母体であります公益財団法人国際文化交友会は戦後の政界情勢を鑑み創立者中野与之介翁が昭和36年設立しました。そこで数度の国際会議を開催して、現在の公益財団法人オイスカを誕生させ、世界各地に農業普及、植林、人材育成などを進めています。オイスカは国際連合経済社会理事会において、総合協議資格を有する日本に本部のあるNGOでジェネラルの資格を有しています。

その後、中野与之助翁は教育の根本に「天文は宇宙大自然を教える大教育である」との考えから月光天文台を設立、科学的天分はもとより、天分を精神的に教えていく活動を60年間続けて参りました。
しかし、昨今の社会情勢を鑑み、規制の多い公益財団法人だけでは思うような活動を続けていくことに限界を感じておりました。そこに数々のご助言を頂き、一般社団法人に動くことになりました。
一般社団法人「宇宙と星流」は、月光天文台の施設を活用して、天文精神を基調とした人間形成に寄与できる啓蒙普及をする為の講演会開催や、創立者の志を広めていくことを柱として参りたいと考えております。会員組織として活動し、日本創生と共に足元の家庭教育(生活の道筋)の輪を広め、天文を通して心の教育も進めて参ります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

6月10日、第一回一般社団法人「宇宙と星流」天地を繋ぐミネハハコンサート

2018-07-04T21:58:01+00:00 7月 4th, 2018|

心配された雨も止み天文台の会場はお陰様で熱気で溢れ満席。琴線に触れるミネハハさんの歌声は圧巻だった。清々とした「氣」が会場を包み、有難う地球!の歌、皆さんが一緒に有難う、と合唱、DVDから流れる地球環境の映像、地球の破壊と再生、人間の我欲で地球を汚して良いものか?己自身に問うものでした。奥深い感情表現に男性も会場の皆さんも目には涙が溢れていた。何故か天文の神々が降臨したようだった、と多くの方々から連絡を頂きました。有難う!地球よ。当たり前が蔓延している世に自己反省の極みでした。

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

一般社団法人「宇宙と星流」設立準備プロジェクト

2018-04-14T12:24:49+00:00 4月 14th, 2018|

天文教育の普及と公益財団法人の支援も行います。琴線に触れる講演・生涯学習の場として次世代に引き継ぐ宇宙の法則(倫理道徳)生活の筋道の啓蒙活動を行い、健康で生甲斐のある生活を目指し、地域社会の支え手として明るい社会づくりに寄与することを目的とします。

~天地をつなぐミネハハジョイントコンサート~ 

    心温まる会場の輪にお友達をお誘いの上ご参加下さい

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

羽ばたけ!  日本の未来を担う高校生

2018-04-12T06:15:11+00:00 4月 12th, 2018|

第一回科学技術週間関連事業開催 主催・公益財団法人月光天文台

~みんなで科学の扉を開こう!

4月21日(土)22日(日)午前11時から14時30分 2階天文台シアタールーム。入場無料      函南駅より送迎あり。

科学者の卵達は未来に向かって挑戦続ける。やがて世界に羽ばたく時が待たれる。技術立国「日本の要」は若き高校生に委ねられている。

応援しよう!天文台でサイエンス、高校生諸君、大人のご参加もお待ちしています。

高専&高校生による月光ラボ研究発表と実験の様子をご覧ください。県立韮山高校(物理部天文班)2名「天文クイズ」 国立沼津工業高等専門学校 物理工学課2名ミニ研究「ダイヤモンドダストの合成と観察」

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

季節の願いを込めて   植樹とお花見会

2018-04-09T13:19:24+00:00 4月 9th, 2018|

公益財団法人・国際文化交友会「月光天文台」にて、4月9日家庭倫理三島支部・西支部の合流でお花見会とハナミズキの植樹を行った。子供達の成長祈願と思い出作りの植樹は子供達の脳幹の記憶を育む。毎年この地を訪れ成長を見守って頂きたいと天文台の館長からのプレゼントだった。人生幾多の試練があってもハナミズキは「あなた」をここで待っている。明るい笑顔が見たいから。小さなミズキも子供達と一緒に成長し、自然が楽しめる天文台で何を語るのか・・・温かな思い出は生涯の友となる。

平安時代の貴族の着物の色に似ていることが名前の由来の御衣黄桜(緑色の桜)、様々な種類の桜がある天文台には27名の参加者と子供達、手作りのお弁当を広げその中で桜吹雪が舞った。おじいちゃん・おばあちゃんが見守る中の日本の懐かしい風景は健在だ。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

KURURA伊豆の子供達とプロが創る情報誌

2018-03-30T11:11:34+00:00 3月 30th, 2018|

伊豆中央倫理法人会モーニングセミナー、高校生3人が講師として立派に大役を果たした。伊豆の観光情報誌は各号2000冊を製作。カメラマン、デザイナー、新聞記者などプロからレクチャーを受け、コンテンツをつくった。自分達が暮らす街の魅力に気付き、愛着がうまれたり自慢出来るようになった。若者達が都会へ住み故郷離れが多くなった昨今、未来を担う若者のメッセージ「KURURA]は老若男女を問わず伊豆の魅力を再発見させてくれる。四日市倫理法人会の役員も参加され四日市の魅力をアピールする為に大いに参考になったと語っておられた。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

アミ号 世界に羽ばたく 日露の交友を深め、沼津の名を世界に発信!

2018-03-30T07:28:32+00:00 3月 30th, 2018|

日本全国の港に立ち寄りながら、韓国⇒ロシア(ウラジオストク)間の長い航海を続け「沼津」の名を世界に発信するアミ号。

頼むぞ!アミ号!!

雄々しき心に日の丸を背に、世界の帆船3000tの中でわずか10tの小さなアミ号が航海に出る。

溜アミ号船長の情熱によって、英国国際帆船協会主催の国際親善帆船レースに招待を受けた。世界各国の有名な大型帆船に交じって、日本から唯一帆船アミ号が外洋でファイトすることは大きな意義があり、人々に勇気と希望を与えます。沼津は、古くからロシアとの関わりも深く、海を通じて世界の帆船仲間との国際親善日・露親善などに貢献します。

皆さん是非、ご支援をお願いします。

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

静岡便教会 JR新富士駅街頭清掃 平成30年3月18日

2018-03-21T21:10:29+00:00 3月 21st, 2018|

早朝6:30からJR新富士駅周辺の街頭清掃を行いました。

高校生9名、小学生2名を含む総勢23名で街と心をきれいにしました。

ボーイスカウトの小学生姉妹は、今回もお母さんと一緒に参加してくれました。

平成29年度「ふじクリーンパートナー」(静岡便教会と富士市との合意事業)に基づく活動は計10回実施、のべ313名の方々が参加して下さいました。活動の輪が着実に広がっています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

3学期終業式 平成30年3月20日

2018-03-21T20:55:38+00:00 3月 21st, 2018|

静岡県内の公立小中高校では、20日が3学期終業式でした。

校内早朝掃除を生徒と一緒にするのも、この日が今年度最後でした。

1年間、私と一緒に活動してくれた生徒たちには感謝の気持ちでいっぱいです。

30日の離任式の日が平成29年度最後の早朝掃除です。

平成20年4月5日から始めた早朝掃除10年の節目を迎えます。

一日も休まず、よく続けて来たものだと思います。

「10年偉大なり 20年畏るべし 30年歴史なる」改めて、この言葉の重みを感じています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

東大寺修二会「お水取り」

2018-03-14T10:18:02+00:00 3月 14th, 2018|

「オアシスの会」・理事のYさんが不退の行法、東大寺修二会「お水取り」に行き、東大寺・北河原公敬長老の講話が
心の浄化に繋がりました。
「お水取り」の名で親しまれている修二会は、毎年この二月堂で行われている。
天平勝宝4年(752年)に始まり、それ以来一度も止むことなく続けられ今年で丁度1267回を数える。
修ニ会とは、旧暦の2月に修する法会という意味で「東大寺要録」によると大仏開眼の年である天平勝宝
4年の2月に実忠和尚が「11面悔過」を奉仕されたと記している。
これが修ニ会の正式名称で2月堂の本尊である。
懺悔の功徳によって天下安泰・風雨順時・五穀豊穣・万民快楽等国家や人々の幸福を願うのである。
二月堂お水取りへ行き、心を鎮める体験は貴重であった。

理事のYさんから
この修二会の行の最中は、僧侶の選ばれし11名の方々が、国家安泰、世界平和、国民の幸せ、
豊穣祈願、そして懺悔は自分だけではなく人類全ての人たちの懺悔をしてくださっているそうです。
感動しました!心を入れ替えなければ・・・

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

南カルフォルニア倫理法人会に参加して大いなる刺激を受けました。

2018-03-01T18:50:54+00:00 3月 1st, 2018|

南カルフォルニア倫理法人会の講話は、皆さん壮絶な体験記です。人生にチャレンジし、志を持って米国に根付いた実践の数々。日本の若者達はどうでしょうかと考えさせられました。厳しい環境に育つと生き抜く力が育ち、自立心も備わります。厳しくとも親はしっかり愛情を注ぎ、子供の心を信じれば精神は安定し、やがて世の中に一隅を照らす人となる。気付く人になる為に。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

感動溢れる卒業式  平成30年3月1日

2018-03-01T09:08:21+00:00 3月 1st, 2018|

昨夜来の大雨と強風でお天気が心配されましたが、卒業式が始まる頃には雨が上がり風も止んでくれました。

富士市立高等学校では「第54回卒業証書授与式」が行われました。私は今年も司会の大役を務めさせていただきました。富士市長をはじめとするご来賓の方々のご臨席を賜り、厳粛な雰囲気の中、滞りなく終えることができました。感動溢れる素晴らしい卒業式になりました。答辞は野球部主将であり、東日本大震災支援活動にも参加した男子が務めました。人間性が素晴らしく、答辞に込められた彼の思いが切実に伝わってくる立派な内容でした。

卒業生233名の進む進路は違っていても、将来は日本を支える有為な人材に成長し、それぞれの分野で活躍することを期待しています。

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

早朝掃除卒業式  平成30年2月28日

2018-03-01T08:46:59+00:00 3月 1st, 2018|

静岡県内の公立高校では、3月1日に卒業式が行われます。今朝は7:45から一足先に「早朝掃除卒業式」を行いました。私と一緒に校内清掃に取り組んでくれた3年生一人一人に感謝の気持ちを込めて手書きの「卒業証書」と私の師であるお二方、鍵山秀三郎先生の「ひとつ拾えば ひとつだけきれいになる」(株)タニサケ 松岡浩会長の「満堂に春を生ず」を記念に贈りました。卒業後も社会のため人のためになる実践活動を続け、人から頼りにされ認められる人間になり、幸せな人生を送ってほしいと切に願っています。

私も3月末で、校内早朝掃除を始めて丸10年になります。一日も休まずただひたすら愚直に続けて参りました。この間、私の実践活動に賛同してくれる生徒が増え、今では毎日大勢の生徒が一緒に活動してくれるようになりました。「積小為大」「徳は孤ならず 必ず隣あり」 これからも率先垂範で人のために役立ち感謝される喜び、相手が喜ぶことが最高の喜びであることをともに活動しながら伝えていきたいと思います。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

富士南中野球部 県大会出場まであと2勝 平成30年2月25日

2018-03-01T08:27:18+00:00 3月 1st, 2018|

2月25日はハードな1日でした。富士駅街頭清掃を終えた後、中学2年生の長男を「英検準2級2次試験」のために受験会場まで送り、面接試験が終わるのを待って、そのまま富士球場まで急行しました。

息子は富士南中野球部でキャプテンでキャッチャーというチームの中心です。将来はプロ野球選手を目指しています。この日は英語検定2次試験と野球部の公式戦が重なってしまいました。英語検定は9:15集合、野球の準々決勝が第2試合10:30開始予定でした。ところが第1試合が早く終わったため、第2試合の開始時間が早まり、9:55に始まってしまいました。球場に到着したのが10時ちょうどでした。富士南中は後攻でしたので、息子は初回ウラの先頭打者としてギリギリ間に合いました。特に気持ちの面で準備不足のため、バッティングでは振るいませんでしたが、守備では再三好プレーをみせ、富士中学校に1-0で勝つことができました。この大会は全国大会までつながっている大会です。準決勝は3日に行われます。あと2勝して富士市内で優勝し、県大会へ進んでほしいと願っています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

静岡便教会 JR富士駅街頭清掃 平成30年2月25日

2018-03-01T08:10:42+00:00 3月 1st, 2018|

昨年3月、静岡便教会と富士市との間で「ふじクリーンパートナー」事業について合意書を交わしました。

そして4月から毎月1回、原則として第4日曜日の朝6:30から約1時間、街頭清掃を始めました。奇数月はJR新富士駅周辺、偶数月は富士駅周辺と交互に行っています。

この日はまだ寒風が吹く中、幼稚園児から小中高校生を含む22名の方が参加してくださいました。お母さんと一緒に参加してくれた園児や小学生も一所懸命にごみを拾ってくれました。小さなお子さんを連れて参加してくださる若いお母さんは最高の教育者です。このようなお母さんがもっともっと増えてくれれば、必ず日本の未来はよくなります。毎月1回の小さな実践ですが、次世代を担う若者を育てていくためにこれからも継続して参ります。

☆昨年12月24日のクリスマスイブの日には、なんと参加者が150名も集まり、全員でサンタクロースの帽子を被り、富士駅南口と北口に分かれて街をきれいにし、心もすっきりさせて新年を迎えました。

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

教師冥利!教え子同士の結婚式に招待されました。 平成30年2月24日

2018-03-01T07:51:30+00:00 3月 1st, 2018|

かつて勤務していた高校の教え子同士の結婚披露宴に招待されました。

私は2人の担任でも、部活動顧問でもありませんでした。新郎が高校3年生の時、進路指導で面接練習に関わったことが卒業しても親交を深めるきっかけでした。彼は努力し、見事に国公立大学にも公務員試験にも合格しました。結局4年制大学へ進学し、再度公務員試験に挑戦。また見事に合格し、静岡市内に配属となりました。静岡市内で住むことで新婦と運命的な再会を果たすことになったのです。

恩師として結婚式に招待されたのは、私一人だけでした。披露宴に招待されることは、教師としての「勲章」です。2人の高校時代の友人たちが15人も集まり、さながらミニ同窓会となりました。社会人としてそれぞれが選んだ道で頑張っている様子を聞き、心が熱くなりました。教え子たちとは卒業してからが「人と人」としての本当の付き合いが始まると思っています。みんな私の自慢の教え子です。

恩師として祝辞を述べました。私が好きな言葉「一生勉強 一生青春」を贈りました。2人が高校時代にもよく話していた言葉です。また大切にしてほしいこととして「健康」「信用」「佳き出逢い」の3つを挙げました。最後に平昌オリンピックで銅メダルを獲得したカーリング女子で選手間で使われる「そだねー」を餞の言葉として添えました。「そだねー」相手を受け入れる心であり、夫婦円満の秘訣がこの言葉にはあると思います。感無量の暖かな結婚披露宴でした。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

南カルフォルニア倫理法人会

2018-02-23T18:54:02+00:00 2月 23rd, 2018|

企業に倫理を…南カルフォルニア倫理法人会も活躍しています。純粋倫理の実践は、日本から来た私共にとって多くの学びがありました。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page